葬儀での喪主の挨拶について

葬儀の際にしなければいけない事

葬儀の際の挨拶について

人の死は突然の場合も多く、前もって葬儀の準備ができていない場合の方が多いかと思います。また身近な人の死が初めての場合であったり、初めて喪主を務める場合には当日の流れなどがわからないだけでなく、悲しみも相まって、何をしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。葬儀の際に必ず行うことの一つとして、喪主と参列者代表の挨拶があります。何を言うべきか迷われた時には、文例が参考になります。本やインターネットで簡単に探すことができます。自分の思い出などを挿入するなど少しアレンジしたり、自分なりの言葉で表すことで、参列者の心に響くものとなります。

葬儀サイトで挨拶文例のチェック

葬儀の際に喪主として挨拶を行う場合は、忌み言葉や繰り返す言葉を使わないなどの注意点がありますが、基本的には参列者への感謝を伝えることが大切で、それほど難しいことではありません。この場合は、故人への想いを交えた簡潔な言葉で、感謝の気持ちを述べるようにすると良いでしょう。また、それでも文章が浮かばない場合は、葬儀のサイトなどに例文が載っていることが多いので、それらを参考にすることをお勧めします。とにかく、葬式の場合には、参列者も遺族達が辛い状況にあることを理解していて、多くのことを望んでいる訳ではないので、あまり深く考えすぎずに文章を作成すると良いでしょう。

↑PAGE TOP