通夜、葬儀で挨拶する際の注意点

葬儀の際の挨拶マナー

葬儀での喪主挨拶の注意点

葬儀の喪主になると、通夜式や告別式で、弔問客に対して挨拶をする場面があります。参列していただいたことに対して感謝をつたえるためですが、いくつか気を付けるべきマナーがあります。まずは落ち着いて、しっかりと話すことです。突然の葬儀で気が動転していることもあるでしょうが、深呼吸するなどして心を落ち着かせてから話しましょう。また、聞き手の負担も考え、だらだらと長く話すことは避けましょう。重ね重ね、またまた、などの繰り返し言葉や、死去、死体などの不吉な言葉も、挨拶で使うのは厳禁とされています。他の言葉に言い換えるなどしましょう。

葬儀での挨拶マナーとは

通夜や葬儀の際、喪主は挨拶をしなければならない場面がたびたびあります。その際はいくつか気を付けるべき点があります。まずは通夜や葬儀の参列者にしっかりと感謝を伝えます。また、重ね重ねやたびたび、ますますといった繰り返し言葉や、急死や死去など不吉なことを連想させる忌み言葉は使用してはいけません。まとまりなくだらだらと話すことも避けるべきです。聞き手の負担も考えて、ある程度簡潔にまとめましょう。内容をすべて覚えて話す必要はなく、メモを見るのはかまいません。メモを手にしていても問題はありませんので、落ち着いて話すようにしましょう。

↑PAGE TOP