葬儀における喪主の挨拶

葬儀で使ってはいけない言葉とは

宗教によって違う葬儀の禁句

葬儀で挨拶する時に不幸が重なることをイメージさせる「重ね重ね」や「たびたび」という言葉が禁句であるということはよく知られています。しかし、宗教によっては他にも使わないほうが良い言葉があります。例えばキリスト教には天に召されて永遠の安らぎを得るという考えがあります。ですから、「ご冥福をお祈りします」という言葉は使わないほうが良いでしょう。また、同じ仏教でも浄土真宗は死後すぐに幸せになるという考え方なので、同じく使えません。葬儀では故人を追悼し、遺族をいたわる気持ちを伝えることが一番大切ですから、気にしすぎるのもよくありませんが、失礼がないように宗教の違いを知っておくこともマナーの1つです。

葬儀での挨拶は事前にメモを

通常、葬儀において喪主の挨拶は出棺の時に行われますが、人数の多い大規模な場合や火葬をすでに済ませてあり出棺がない場合などは一番最後に行います。そこでは故人に対する自分の思いや、参列者に対して感謝している気持ちをしっかりと伝えることが求められます。遺族の立場で喪主を務めるとなると葬儀の細々なことを決めたりと大変忙しく、また何を話せばよいのかどんな風に伝えようかと思うものです。忌み言葉を使わない、言葉に詰まりそうならメモを用意しておく、なるべく簡潔にまとめるといったことに注意しておけば間違いなく上手にできます。

↑PAGE TOP