葬儀での喪主挨拶で必要な事です

葬儀での喪主のお礼の挨拶は、一般的には、告別式の最後に参列者に対して行うものとされています。言うべき事柄は、会葬のお礼、故人がおせわになっていたことへの感謝、遺族への変わらぬ支援をお願いするのが通例となっています。ご不孝の場ですので、言葉は少なめのほうが、むしろ場にふさわしいです。故人の経歴をあまり語り過ぎると、自慢話になってしまいますし、亡くなった経緯も露骨にならないように配慮することが必要です。注意すべきポイントとしては、心をこめて、簡潔に行うことが肝要です。葬儀における喪主挨拶は、参列者への印象に大きくかかわってきますので、細心の注意を払って行うことが大切です。

葬儀の挨拶で使用禁止の言葉

葬儀に参列するとまず受付の方に、そして遺族の方に挨拶をします。お悔やみの言葉とは故人を悼み悲しむ気持ちを込めて遺族をいたわる言葉ですが、自分の立場をわきまえたものにします。気を付けておきたいのが「忌み言葉」といって葬儀では使ってはいけない言葉があります。重ね重ね、たびたび、またまた、しばしば、の繰り返される言葉は不幸が繰り返される言葉として使いません。再三、再び、重ねて、続いて、は不幸が繰り返されることをさす言葉として使いません。死や病気が繰り返すことのないように、弔辞では使用しないのがマナーです。キリスト教や神式には成仏、供養は使いません。宗教によっても違いますので注意しておきましょう。

↑PAGE TOP